TITLE
2151484

トラックボール製品レビュー

製品レビューの目次に戻る
Expert Mouse 7の以前のレビュー

KENSINGTON Expert Mouse

2009年1月2日掲載

Expert Mouse
Expert Mouse
最初にExpert Mouseのレビューを書いてから、既に5年が経過しました。前回のレビュー後、日本でもショップで販売されるようになり、日本オリジナルで白やピンクというカラーバリエーションも供給されるようになったExpert Mouse(K64325)について、改めてレビューを書きたいと思います。
 
ExpertMouseという製品名は、Kensington社のトラックボールに代々付けられてきたもので、この製品が7代目になります。
一世代前までは、ボールベアリングのローラーをボールの支持とボールの回転検知に用いる独特の方式で多くのファンを持っていましたが、7代目ではボールの支持は人口ルビーの3点支持、回転検知はボール表面の模様を光学センサで読み取る方式に大きく変更されました。
まあ、歴史を語ってもレビューになりませんので、本題に入っていきたいと思います。
 
Expert Mouseの特徴は、まず大きなボールと、その周囲に配置された大きな4つのボタンが挙げられます。大きなボールは慣性が働いてスムーズな操作感を与えてくれます。また、大きなボタンは、手のポジショニングの自由度を高めてくれています。
Expert Mouse
光学センサの光(曇りの日室内で撮影)
ボールの回転が悪くなった場合には、ティッシュペーパーなどでボールとボールの支店部分を拭いて、私の場合はハナの脂をちょっと付ける(ボールで鼻をこする)ととても転がりが良くなります。また、数ヶ月に一度くらいの間隔で、ボールの下に隠れている光学センサ部分にたまった埃を口で吹いて取り除きます。埃がたまると、ボールを転がしてもポインタの動きが不自然になることがあります。
全体に、ボールの転がりはスムーズです。Kensington製では、TurboBallなどボールの転がり感が今ひとつの製品もありましたが、Expert Mouseにおいては転がりはスムーズです。
また、センサーの感度も良く、ちょっと高速に回転させたくらいではポインタの飛びはありません。
 
質感
ボタンとリングの質感(拡大)
もう一つ、この製品の大きな特徴は"スクロールリング"です。
"スクロールリング"は、ボールを囲んでいるリングを回すことで、マウスのスクロールホイールと同じ機能を実現するものです。このリングをボールとボタンの間に隙間を空けずに配置したことで、手のポジションをほとんど変えずにスクロール操作ができます。
リングの回転はスムーズで、僅かなクリック感があります。リング1回転で約40回のスクロールを行います。
 
この製品には、手首を乗せる「リストレスト」が付属しています。
これを付けることで、手首をやや高い位置に安定して置くことができ、長時間の操作でも疲れを感じにくくなります。リストレストの裏側を見てしまうと、ちょっと作りが華奢な印象は否めませんが、私はずっと使っています。
 
操作感は抜群のExpert Mouseですが、他の多機能ポインティングデバイスと比べて、欠点もあります。
一般的に、スクロールホイールはボタンとして押すことができ、これが第3ボタンとなっています。ところが、スクロールリングはボタンになっていないため、ホイールを押して操作するインタフェースは実現していません。
ホイールボタンだけであれば、あまり使う人はいないかも知れませんが、ホイールボタンがないため、左奥のボタンが第3ボタン。右奥のボタンが第4ボタンというレイアウトになっています。
多くのホイール付き5ボタンマウスやトラックボールでは、第4ボタンが「戻る」第5ボタンが「進む」の機能を持つので、機種を認識できるWindows Vista以外のOSで利用する場合は、第3ボタンで「戻る」第4ボタンで「進む」という動作をさせるために、Kensington提供のMouseWorksをインストールするなどしなければなりません。
 
付属のソフト、MouseWorksは、ポインタ移動の速度を細かく設定でき、また左右ボタン同時押しに対して機能を設定することが出来るなど、便利です。
一方で、高速に操作される方にはクリックの反応が鈍くなると感じられるようです。クリックの反応速度は左右ボタン同時押しの設定(Chording Speed)を短くすることでかなり改善されるのですが、完全ではないようです。
 
Expert Mouseが発売されて5年。いろんな製品を使ってみましたが、結果的にずっとこのExpert Mouseがキーボードの横に鎮座しています。
これといって不調になることもなく、塗装がはげたり、ボールに傷が付くなどもなく、高かったものの充分に元が取れていると思っています。キーボードと色を揃えることが出来るので、白モデルも欲しいと思っているものの、傷んでもいないので買い換える理由がありません。
 
値段さえ許されれば、一番お勧めできる製品だと思います。


製品レビューの目次に戻る
Expert Mouse 7の以前のレビュー